2020年2~3月 タイ⇒ミャンマー周遊 37日の旅(その13 チェンライ~チェンマイ)

チェンライ~チェンマイ

宿の朝食。有料です。30B:105円。コーヒーは自前のインスタントですが、お湯も有料で3B:10円でした。

宿からチェンマイ・バスターミナルまではGrabタクシーで、51B:180円。

東南アジア諸国の都市部ではGrabタクシーが安くて便利です。ぼったくられることもなく、言葉が話せなくとも目的地にちゃんと行けるし、現金での支払も無いので安心です。

バルト三国、ウクライナにもGrabタクシーが有り、ロシア、ベラルーシはYandex.Taxiがありました。

日本では「白タク」を理由に認められてないが、利用者の安全確保を看板にし単にタクシー業界の既得権益維持が目的なのでは?と、疑いたくなる。

チェンマイまでは、11:15発のVIPバスで 約4時間。280B:990円。

軽食付き。2列と1列の3列シートで、ゆったりしています。トイレも付いています。

13時、チェンマイ・バスターミナルに到着。

一昨年来たので、2度目のチェンマイ・バスターミナルです。

チェンマイは1泊の計画でしたが、飛行機が延期されたため2泊することにした。

先ずは、チェンマイ鉄道駅にGrabタクシーで行き、2日後のバンコク行き夜行列車の切符を買います。833B:2,940円。

リュックを背負って歩きたくなかったので、宿は駅のそばを予約しておいた。宿に着くとここには泊められないと言われ、宿泊拒否された。

翌日、Booking.comから「昨夜は無断キャンセルしましたね」とメールが届いた。頭にきて宿に行き「拒否したのはそっちだろうが」と文句を言うと、「コロナ感染者が出て、宿が閉鎖された」との事。

昨日そのことを説明したとの事だが、私は英語が全く話せない。入り口のドアにもその貼紙があるのを見落としていた。私が悪かった、ごめんなさい。キャンセル料の請求は勿論なかった。

話は前後するが、宿は一昨年も5泊したターペー門で探すことにした。

エアコン・シャワー・トイレ付、2泊で810B:2,860円。宿の写真は撮り忘れた。

夕食は、一昨年も来た外国人観光客を相手のナイトマーケット。計126B:450円。

宿に戻り、ウィスキーで飲み直し。

チェンマイ 2日目

朝食はコンビニで買った即席めん。25B:85円。

元々の計画が1泊でバンコクへの通過点に過ぎず、観光する気もなかった。ただただ時間潰しにチェンマイの街をうろうろ。

昼食は、ビールを店の前のコンビニで調達し、計 91B:320円。

市場

バナナ、10B:35円。美味しかった。バナナの花、食用なの? トムヤムクンの薬味、硬くて私は食べません。

ターペー門

夕食は、昨夜と同じナイトマーケットで、計 136B:480円。

ジョン・デンバーの「カントリーロード:故郷に帰りたい」を生演奏していました。50年前の曲です。若かりし二十歳の私が蘇りました。

今夜の寝酒は、串焼きでウィスキー。

と、そこにライオンエアーから「3/18に変更した便を含め、全便欠航」のメール。

慌てて、他の航空会社を検索し、台湾経由福岡行きの便を手配。航空券+受託荷物=15,660円+6,630円=22,290円。

COVID-19なんて、私には関係ないと思っていたが、世界は大変なことになっているということを、はじめて強く認識した。

コメント

タイトルとURLをコピーしました