海外旅行ではクレジットカードは必須条件

海外旅行ではクレジットカードは必須です。少なくとも3枚は携行しましょう。

クレジットカードが必須の理由

クレジットカードの国際ブランドは、VISA、Mastercard、JCB、AMEXなどがあるが、最低でもVISA、Mastercardを各々1枚ずつ準備することをお勧めします。(JCBとAMEXは使える国、地域が限られる)

現地通貨の入手手段としてのクレジットカード

旅行会社主催の募集型企画海外ツアーの場合は、集団での移動となるため到着空港でATMを探しキャッシングするのは難しいかもしれません。でも個人旅行の場合は、クレジットカードによる現地ATMでのキャッシングがお勧めです。

理由① 盗難/紛失の安全のため、円/米ドル/現地通貨のいずれであっても、現金は常に必要最小額を持ち歩く。特に旅費として持参した両替用の「円」を盗難/紛失すると、旅は続けられません。

理由② 円の両替が出来ない国もあり、日本国内で米ドルに両替して持ち出すと両替手数料が、円⇒米ドル⇒現地通貨と2重に掛かる。

理由③ デビットカードを使い現地ATMで自分の口座から引き出すことも出来るが、現地ATM手数料、カード会社の事務手数料などクレジットカードより手数料が高くなり、自分の金をおろしたのに損した気になる。

クレジットカード等の海外使用による手数料は?

以下は私の憶測/妄想が含まれており、事実とは異なる点があるかもしれません。事情に詳しい方、間違いの指摘をお願いします。

デビットカード

(為替レート+VISAやMastercardの為替手数料)+現地ATM所有者の使用手数料+カード発行会社の海外ATM手数料

ATMキャッシング(クレジットカード)

(為替レート+VISAやMastercardの為替手数料)+カード発行会社の海外ATM手数料+利息

③ ショッピング(クレジットカード)

(カード使用手数料+為替レート+VISAやMastercardの為替手数料)+カード発行会社の事務手数料

海外ATM手数料は2つある。

現地のATM所有者(銀行など)のATM使用手数料と日本のカード発行会社が取るATM事務手数料である。

現地ATM所有者の使用手数料は、国によって異なる。(同じ国でも銀行によって異なることもある)

タイだと220バーツ(775円)、ミャンマーだと5,000チャット(380円)が一般的で、この手数料を請求するクレジットカード会社もある様だ。

印字が消えかかっており分かり辛いが、左がタイ”CHARGE 220”、右がミャンマー”Fee 5,000”と表記された「 現地ATM所有者/設置者の使用手数料 」。でも、セディナカードの場合、この手数料は請求されず、「為替レート+VISAの為替手数料 」+「2~3日分の金利」のみです。

余談だが、タイではコンビニのATMは絶対に使うなと聞いていたので、 セディナカードを使い、敢えて同じ日(2019年11月19日)に試して見たら、本当だった。タイではコンビニに設置してあるATMは大損します。銀行のATMを使いましょう。

借入日数が異なるのは、VISAからカード会社への請求が1~2日ばらつくため。また、ATMキャッシングした日とVISAが処理した日は異なるため為替レートは異なるが、VISAの手数料は 0.5%ほどである。しかも 1日でレートが 7%も変動することはあり得ないと思う。請求額の差はコンビニが現地ATM所有者/設置者としての使用手数料を上乗せしてVISAに請求しているのかも知れない。

日本のカード発行会社の海外ATM手数料(事務費)は、日本円換算で1万円未満は110円(1.1%)、1万円 以上は220円(2.2%)を設定している会社が多い。

利息は年18%です。繰上げ返済できないと30日で金利は1.48%(締め日によっては60日分となることもある)ですが、3日だと0.148%となる。

デビットカードでは現地のATM所有者(銀行など)のATM使用手数料が取られますが、クレジットカードだと基本的に取られません。その理由は、クレジットカードでは一応「キャッシング=借金」であり、借金では「利息及び決められたATM手数料(事務費)以外は取ってはダメ」という決まりがあるように聞いています。

ショッピングでのカード発行会社の事務手数料は、カード会社により異なるが1.6~2.2%の様です。

つまりは、カード発行会社の海外ATM手数料がなく、キャッシングの2~4日後に繰上げ返済が手数料なしで出来るクレジットカードがあれば、ATMでキャッシングして、現金支払いするのが一番お得となる。(クレジットカードでのショッピングでは、私の体験では購入額の概ね2~3%増しの請求額となる)

因みに国内の銀行でドルに両替すると、手数料は1$に対し3円程です。(1$=110円とすると、2.73%)

キャッシング用のクレジットカードはセディナカードがお勧めです。

理由① 現地ATM所有者の使用手数料が掛からない(セディナが負担?)。 (小額を頻繁にキャッシングできる)

理由② セディナは海外ATM手数料(事務費)が「0円」。(小額を頻繁にキャッシングできる)

理由③ VISAからの請求が届くとすぐに繰上げ返済できる(速ければ2日、遅くとも4日後に返済でき、利息が最小限で済む)

理由④ 繰上げ返済の手続きがネットで出来る。(ネット環境があれば、世界の何処からでもできる)

理由⑤ 繰上げ返済に振込み手数料が掛からない。(Pay-Easy決済できる日本の銀行に旅費を入れておく必要がある)

理由⑥ 繰上げ返済すれば、「キャッシング枠」は満額に戻る。(例えばキャッシング枠が10万円であっても、2~4日で都度返済すれば「キャッシング枠」をオーバーすること無く、旅は続けられる)

海外旅行保険が自動付帯したクレジットカード

「海外旅行保険」が自動付帯した年会費無料のクレジットカードがあります。残念なことに、セディナカードには付帯していません。

傷害死亡/後遺障害以外は各クレジット会社に各々請求できます。

クレジットカードとして使わなくても、持っているだけで良いので、2~3枚は準備しておきましょう。何故ならクレジットカードの海外旅行保険は、傷害死亡/後遺障害以外は各クレジット会社に各々請求(合算)できるからです。

海外旅行保険が自動付帯の年会費無料のクレジットカードの参考例。

旅行代金をカードで支払うという条件付き(利用付帯)や年会費有料のカードなどが多数あります。クレジットカードの国内での通常利用など自分の生活状況に合わせて選択するのが良いでしょう。

因みに私は「トルコ 9日ツアーに参加した時、そのツアー限りの 8,000円の海外旅行保険に入り」無駄に金を使った。その後、年会費無料の海外旅行保険付帯のクレジットカードがあることを知り、エポスカード横浜インビテーションカードの2枚を入手。 エポスカードセディナカード同様にATMキャッシングの繰上げ返済がPay-Easy決済できるようですが、キャッシングの度にATM事務手数料(110円 or 220円)が取られるのでキャッシングでは使いません。また、現地でのカード支払いも極力しません。だって、キャッシングして現金で支払った方が安く済むので。 エポスカードさん横浜インビテーションカードさん御免なさい。

海外旅行、出国時に持参する現金

基本的にはクレジットカードさえあれば、多額の現金を持参する必要はありません。

しかし、何があるか分かりませんから「予備」として、私は米ドルを300$(100$札1枚、50$札1枚、20$札、10$札、1$札)と、日本円は、現地到着空港で両替するための千円札を3枚、帰国後空港から自宅までのタクシー代 2千円の計 5千円を持って行きます。

両替用の千円札は、「少額紙幣、コイン」を得るためです。日本もそうですが、ATMからは高額紙幣が出てきます。高額紙幣では空港から町までのバスの支払いは出来ません。また、海外旅行を始めた当初は、米ドルの他に予備の日本円を5万円持って行っていたが、円は全く必要なかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました